寶覺寺…2007年夏2010/04/02 20:47

 司馬遼太郎著書
 『街道をゆく 40<新装版>台湾紀行』
 2009年、朝日文庫

 彭士晃青年は、台中のうまれである。
「果子狸なんて、知りません」
    といった。
 
 台湾の高雄から北上すると、台南、台中、台北となる。台中は文字通り、真ん中あたりにある。ガイドブックを見ると、ふっくら、にっこりの黄金色した弥勒大仏が目に付く。不思議な大仏だ。寶覺寺というお寺にあるらしい。
 駅前の路線バス乗り場に行くと、寶覺寺を通過する系統が見つかった。しかし、なかなか目的にたどり着かない。バスを間違ったようだ。
 これほど有名(?)な黄金大仏ならと他の乗客に聞いてみる。英語は全然通じない。それならとガイドブックにのっている黄金大仏の写真を示したが、全く反応がない。そんな大仏のある寺など知らない様子。
 バスの運転手に尋ねると、やはり間違ったバスだった。途中で降ろしてもらう。タクシーを拾って、大仏の写真を指して、目的にやっと着く。かなり遠回りになってしまった。

 何やら工事中。せっかくの仏像が見られないか。いや、あった。巨大な黄金色の弥勒大仏。どっしりと腰をおろして、微笑んでいる。


 日本軍人として戦死した台湾人兵士を祀った碑もある。日本人遺骨安置所、日本人墓地もあるお寺。この題字の「霊安故郷」は李登輝・元総統によるもの。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック