オルセー美術館(その16)<ロートレックの『黒いボア』>…1998年夏2013/05/31 21:07

エミール・ゾラ著、清水正和訳
『制作(下)』
岩波文庫、1999年

   この全体の再審査というのが、またおそろしく厄介な仕事なのだ。委員は、審査会が二十日間続いたあと、守衛たちが準備作業をする二日間だけ休息できるとはいえ、所定の午後、三千点もの落選した絵がずっと並ぶ中に入ったときはぞっとしてみぶるいするのである。その中から、規定の入選作二千五百点の不足分を補うために、再度選定を行わなければならないのだ。



   これもロートレックの絵。やはり他の絵と同じように独特の不気味さがある。しかし、それがゆえに印象は強い。見入ってしまう絵だ。この女性の周囲にあるオーラみたいなものも見えてくる。ロートレックの絵全体がそうだとも言えるが。人間の苦悩、悲しみが体にこびりついているのを感じとれる。
   弱い者や社会的に阻害された人などに視点が集まっている。数年前に、 日本でロートレック展が開かれた時に、この『黒いボアの女』はポスターにも使われたことがあるようで、けっこう知られた作品になっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック