虎山長城を歩く…2014年春(その29)2015/05/05 06:48

李泰著者、 青柳純一訳
『鴨緑江の冬--「北」に消えた韓国民族指導者』 
社会評論社、1994年

   彼らは放送を聞きながら、過去三年間の苦悩と今後の期待が交錯する複雑な心境を抑えがたかった。


   虎山長城の長城が見える。急ぎ足でてっぺんまでのぼっていこうかとも思ったが、まだまだ先は遠い。万里の長城には行ったことがないが、似たような雰囲気だろう。北京に行ったことはあるが、そこから万里の長城まではまだ行っていない。虎山長城をこうやって眺望してみると、なかなか壮観だ。