台湾鉄道の旅(その20)…2007年夏2016/07/09 08:38

白先勇・張系国他著、山口守監修
『バナナボート--台湾文学への招待』
JICC(ジック)出版局、1991年

李昂作、山内一恵訳<G.Lへの手紙>
あなたに出会った時、私はまだ二十歳になっていませんでした。


   これは自強号の車内。比較的座席もゆったりしているので、落ち着ける。台湾の鉄道は快適、正確で、国自体も小さいので路線もわかりやすい。新幹線の方は経営がかなり厳しくなっているようだが、新幹線、在来線も含めて台湾の鉄道事情が安定することを祈っている。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック