ワイルドライフシドニー動物園(その13)…2015年秋(現地は春)2016/07/30 06:43

越智道雄/百々佑利子監訳
『現代オーストラリア短編小説集 (上)』
評論社、1983年

ヴァンス・パーパー著、佐藤恒敬・朝長梨恵枝子訳
<故郷>
   原住民キャンプでは、折から、冬恒例の里帰りの季節で、大勢の人びとが集まっていた。


   “Blue Tongue Lizard”と言われるトカゲらしい。日本語でも文字通り「アオジタトカゲ」と訳されている。もうちょっと違う色のアオジタトカゲもいるらしい。たまたま撮った写真では舌を出していないものばかりだが。舌を出していれば、青いものが見えるはずだ。オーストラリアなどに棲息しているようで、日本等にはいないトカゲである。ペットしても飼っている人がいるようだが、オーストラリアは独特の大陸であるだけに、動植物の持ち込み・持ち出しには厳しい。