LCCで大邱(テグ)に到着…2018年夏(その3)2018/09/15 06:28

金應教著
『韓国現代詩の魅惑』
新幹社、2007年

〈批判的ロマン主義の詩人、李相和〉
   しかし、彼に対する研究は多少二分法的に偏って紹介される例が少なくない。


   利用したのは韓国のティーウェイ航空(T'Way Airlines)で初めてである。あまりの安さにびっくりして、申し込んでしまった。行ったことのないモンゴルあたりも検討していたが、変わった宿泊施設に泊まるし日程がきつそうだった。韓国は何度か訪問していて、ソウル、釜山は行っているので、行ったことのない大邱ならと思って申し込んだ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック