ヘルシンキ到着・朝の風景…2013年夏(その34)2019/02/04 08:38

レーナ・レヘトライネン著、古市真由美訳
『雪の女』
創元推理文庫、2013年

   妊娠してなによりも耐え難いのはこれなのだ。


   駅前の光景をざっと眺めてみる。白いバスはリムジンバスだ。空港などに向かうバスだ。この時期、仕事を巡る環境もだいぶ変わったが、だいぶ落ち着いてきた。長い夏休みではないが、心おきなくとることができた。製造業に勤めている人はカレンダーがきっちりしているので、休みをとりやすいという話もよく聞く。そういう仕事は海外旅行も行きやすいだろう。