バーナビー市のセントラル・パークを歩く…2017年夏(その14)2020/03/05 10:29

川上健一著
『透明約束』
光文社、2009年

〈カナダ通り〉
高いところになぜかカナダの国旗が結びつけられていたのだ。

 バーベキューか何かをやっているのだろうか。たまたまこうやって撮った写真の中にも、中国系、白人、別のアジア系の人がうつる。それだけカナダは人種的にも多様になってきたということだ。カナダは政治的な難民の受け入れを積極的に行ってきた経緯がある。その中には優秀な人材もいたりして、カナダの発展に寄与してきた面もある。アフリカのウガンダから移民が入ってきたこともある。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック