バーナビー市のセントラル・パークを歩く…2017年夏(その32)2020/07/10 10:10

川上健一著
『透明約束』
光文社、2009年

〈バンクーバーの雪だるま〉
友の父は公務員だった。

 木々の間の散策を続けている。お昼はフィッシュアンドチップスを食べた。ポテトも含めて、かなり量があった。夕方に近づいても、あまりお腹が減ってこない。そのせいもあって、せっせと散歩しているのだが、あまり食欲はわいてこない。