ダブリンの雨…1997年夏2012/07/24 20:25

ジェイムズ・ジョイス著、柳瀬尚紀訳
『ダブリーナーズ』
2009年、新潮文庫

  八月のグレーの暖かな宵が市にたれ込めていた。和らいだ暖かな空気、夏の名残が、街路を巡っていた。街路は、日曜日の休業でどこも締めきっているが、華やいだ色合いの人通りで混み合っていた。光に映える真珠のように、街灯のかずかずがその高い柱頭から下の生ける織物を照らしていて、その織物は、形と色合を不断に変えながら、暖かなグレーの宵の空気の中へ、不変不断のざわめきを吹き上げている。



    真夏にアイルランドのダブリンを訪問した。この写真を撮影した時は雨が降っていないが、ダブリンにいた時は、小雨が降っている時間が多かった。日本にいる時のような本降りの雨はほとんどなかった。しかし、折りたたみの傘を開くことにもなった。海外旅行に行った時に、やはり重要なのは天候である。雨の雰囲気も悪くないのだが、傘をさすのは面倒だし、写真撮影の妨げにもなる。
    幸い、主な観光地を見ている時は、雨は降っていなかった。ロンドンに比べたら、ダブリンは小さな街である。来る前は寂れていると思ったが、景気も良く、観光客も多く、大変賑わっていた。雨のシーンの写真が撮れなかったことは残念だ。

ダブリンのトリニティカレッジ(その1)…1997年夏2011/06/18 10:58

ジェイムズ・ジョイス著、柳瀬尚紀訳
『ダブリナーズ』 
2009年、新潮文庫

――トリニティ大学は知っているな?
――へい、と、馭者は言った。
――よし、トリニティ大学の前へどーんと着けてくれ、と、ブラウン氏。そっから先はまた言う。分ったな?
――へい、と、馭者は言った。
――トリニティ大学へまっすぐらにだぞ。
――かしこまりました、と、馭者は言った。

 

 香港経由でロンドンに滞在。さらにロンドンからアイルランドのダブリンへと飛ぶ。ダブリンは小さな首都なので、名所は徒歩で回ることができる。トリニティカレッジはダブリン大学の唯一のカレッジ。英国のように、複数のカレッジがユニバーシティを構成しているのとは事情が異なる。このカレッジもすぐに見つかる。ダブリンの中心にあり、まさにこの街のシンボルとも言える荘厳な建物である。


 トリニティとは三位一体の意味。イングランドのエリザベス1世の名前がついた大学である。国際的な水準も高く、理工系、文科系ともに評判が良い。アイルランドでは当然のこと、欧州では由緒ある大学である。キャンパスへも気楽に入ることができる。


  アイルランドのシンボルカラーが緑であるだけに、芝生がますますこの大学の魅力を高めているようだ。ダブリンでは、トリニティカレッジに限らず、芝生でのんびりできる空間が多い。街がこじんまりとしているだけに、のんびりした旅行を楽しむことができる。


ダブリンとリフィー川…1997年夏2011/04/15 22:37

ジェイムズ・ジョイス著、柳瀬尚紀訳                      
『ダブリーナーズ』  
2009年、新潮文庫    

  20代後半のこの人物は、柔らかな薄茶色の口髭を生やし、いささか世間知らずのグレーの眸をしている。父親は急進的な国民党員として世に出たが、早くに主義を変えてしまった。キングズタウンで屠牛人をして金を作り、ダブリン市内と郊外に店をいくつか開いて元手をしこたま殖やした。 


 英国のロンドンを先ず見てから、ダブリンに入った。大都市というよりは、中都市という感じ。のんびりした街にすぐ馴染む。まだ、この頃はアイルランド観光もそれほどメジャーではなく、ちょっと寂しいイメージを持っていたが、観光客は予想以上に多くて、快活な街だった。観光名所のほとんどは徒歩で見られた。
 ダブリン市民にとって身近な存在のリフィー川。そこにハーフペニー橋がかかっている。この橋もダブリンの名所のひとつだ。一時は通行料をとっていたとのこと。歩行者のみが渡れる小さな橋である。


セント・スティーブンズ・グリーン公園…1997年夏2010/07/02 21:43

フランク・オコナー著、阿部公彦訳 
「マイケルの妻」
『フランク・オコナー短編集』  
 2008年、岩波文庫

「これを飲みな」トムが勧めた。「薄いから害はないよ」
 彼女が断ると、居合わせた他のふたりがそれを手に取った。トムは「この人の黒い目に乾杯」とやってから、一息にグラスのものを飲み干した。それから満足げに息をついた。

   補助司祭は酔っぱらい 助産婦もぐてんぐてん
   僕はウィスキーのたらいで洗礼を受けたのさ
 

 アイルランドの首都ダブリン中心部にある、面積9ヘクタールの公園。元は私有の庭園だったが、ビール醸造会社ギネスの創業者の孫、アーサー=ギネス卿が議会に働きかけ、1877年に市民のための公園になった。そのギネスの像がある。

 そのほか、詩人・劇作家のウィリアム=イェーツの記念碑、作家ジェームズ=ジョイスの像などがある。ダブリンの繁華街からも近く、徒歩で観光していただけに、休む場所としてもうってつけだった。

 アイルランドのシンボルカラーは緑。それにふさわしい公園で、きれいな芝生、花園があり、池には水鳥もたくさんいて、くつろげた。

聖パトリック大聖堂…1997年夏2010/02/23 20:05

  ジェイン・ジェイコブズ著、中谷和男訳
  『壊れゆくアメリカ』
  2008年、日経BP社

 アイルランド民族は自分たちがだれであり、なにに値するかを決して忘れることなく、自分たちの貴重な文明を放棄することを拒否した。かれらはこの奇跡を『歌』という一見はかなげな手段によって達成したのだった。アイルランド民族とその子孫たちは 自分たちの歌によって、彼らが失ったものを決して忘れることはなかった



 熱心なカトリック信者の多いアイルランド。宗教的な行事のポスターなども目につく。聖パトリック大聖堂はダブリンの観光名所としては最もみどころがあるものの一つである。
 ダブリンは東京、ロンドンなどの大都市に比べると小さな首都なので、ガイドブックや地図を片手に、徒歩で大概のところは行けてしまう。聖パトリック大聖堂もすぐに見つかる。

 建物の中にいたら、お腹のあたりから始まって、急に身体がポカポカしてくる。不思議な現象だ。宗教的な啓示があったというわけでもないだろうが。

  アイルランド社会はケルト文化の影響も受けている。大聖堂の近くではケルト十字が発見されており、展示されていた。

 後から知ったことだが、この聖パトリック大聖堂はカトリックではなくて、プロテスタント系の建物で、アイルランド国教会の所管であるとのこと。アイルランドというとカトリックのイメージが強いので、カトリック系の教会と思い込んでいた。キリスト教の信者であれば、プロテスタントとカトリックの教会が異なっていることは容易に分るのだろうか。

ハーフペニー橋…1997年夏2010/01/30 08:53

  ジェイムズ・ジョイス著、柳瀬尚紀訳                     
  『ダブリーナーズ』  
  2009年、新潮文庫    

 渡し舟の船賃を払って、リフィー川を渡った。乗り合わせたのは二人の人夫と鞄を提げたユダヤ人だった。僕らはいかめしいくらいに大真面目になり、それでも束の間の船旅の間に一度互いに目が合うと、けたけた笑い出してしまった。岸へ上がって、三本マストの優美な帆船の荷下ろしを見物した。


 ロンドンに滞在してから、ダブリンに入ったこともあり、欧州の首都にしてはこじんまりとしたこの街がしっくりと馴染む。ロンドンに比べると、車の排気ガスがちょっと臭いのが気になる。
 アイルランドと言うと、うら寂しい、停滞したイメージもあったが、観光客は多く、賑わいを見せている。観光名所のほとんどは歩いて回れる。
 市内を流れているリフィー川。そこにかかるハーフペニー橋はダブリンの名所でもある。橋の名称は、かつて通行料として、半ペニーを徴収していたことからきている。こんな小さな橋で料金をとっていたのが不思議に思われる。歩行者専用の地味な橋である。