シドニー到着からロックス散策まで(その51)…2015年秋(現地は春)2019/04/27 07:50

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
   スピーカーからグレン・グールドのピアノが流れている。


  オペラハウスも遊覧船も見える。遊覧船にしては大きな船だ。あるいは、遊覧船ではなくて、どこかの都市とを結ぶ船だろうか。この時はまだ船には乗っていないが、別の日に船に乗ることになった。シドニーの各地を結ぶ交通手段としても船は重要な存在である。


シドニー到着からロックス散策まで(その45)…2015年秋(現地は春)2019/04/14 07:35

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
   これというのもみんなフロイトのおかげだ。


   海面を撮影する。考えてみれば、世界の海はつながっている。海のない国もあるし、海から遠い都市もある。昔、モスクワから来たロシア語の先生が神戸の海を見て、「生まれて初めて海を見た」と感動していた。サンクトペテルブルグなら海はあるが、モスクワだと海とは縁遠くなる。
 

シドニー到着からロックス散策まで(その21)…2015年秋(現地は春)2019/03/11 08:51

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
   羊男の電話番号まで載っていた。


   船と高層ビル群の写真。この写真を行き先を教えずに、日本国内にいる人にこの写真を送ったら、どこかのアジアの国だと勘違いされてしまった。ぱっと見てシドニーだという感じではなかったようだ。港は意外と静かだった。観光客が集まってくる時間はこれからのようだ。


シドニー到着からロックス散策まで(その20)…2015年秋(現地は春)2019/03/10 06:36

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
「前払いですか?」


   もっとオペラハウスに近づく。もっと大きなオペラハウスが迫ってくる。とてもきれい。屋根は明らかに貝殻を模したものだろうか。この種の建物は他には見たことがないので、なかなか珍しくて興味深い。


シドニー到着からロックス散策まで(その19)…2015年秋(現地は春)2019/03/09 06:51

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
「またどうして?」と僕は質問した。


   先ずは自由に散策することにする。絶対にここに行きたいというところがあるわけでもない。ハーバーブリッジと並んでシドニーのシンボルともなっているオペラハウスが見えてきた。今まで写真とかで見てきたオペラハウスのと同じだ。当たり前だけど。


シドニー到着からロックス散策まで(その17)…2015年秋(現地は春)2019/03/07 14:44

村上春樹著
『村上春樹全作品 1979~1989〈3〉 短篇集〈1〉』
講談社、1990年

〈シドニーのグリーン・ストリート〉
「耳?」と僕は言った。


   飛行機で到着したが、シドニーは海に面しており港もある。一部が赤い色の船が見える。いろんなクルーズが用意されており、いろんなタイプの船が航行している。観光はこの日だけではないので、無理にクルーズに参加する必要もない。


シドニー湾クルーズ(その37)…2015年秋(現地は春)2018/04/20 09:55

アリステア・マクリーン著、越智道雄訳
『キャプテン・クックの航海』
早川書房、1982年

  英国王の名において正式に領有宣言の儀式を行なったのである。


   これがフェリーから見て撮影した最後の写真。締めくくりにふさわしく、ハーバーブリッジとオペラハウスがセットになって、とてもいい風景があらわれてくる。相変わらず雲は多く、不安定な天気だが、雨もだいぶおさまってきた。いったん折りたたみ傘を開くと持って歩くのが面倒臭いから、やはり旅行は快晴が一番いい。


シドニー湾クルーズ(その36)…2015年秋(現地は春)2018/04/19 10:35

アリステア・マクリーン著、越智道雄訳
『キャプテン・クックの航海』
早川書房、1982年

  学者たちはここで初めて、ワニ、オオコウモリ、ディンゴ、ワラビー、カンガルーなどを目にしている。


   公園が見える。左側にはタワーがある。展望台になっているのだろうか。市街地にはもっと有名なタワーもある。このフェリーによるクルーズもそろそろ終わりである。シドニーの湾内を周遊した。あまり下調べせずに来たから、その場で決めたが、鯨を見る船も良かったかもしれない。こちらはそんなに便がないから、たまたま時間があわなかった。


シドニー湾クルーズ(その35)…2015年秋(現地は春)2018/04/18 09:07

アリステア・マクリーン著、越智道雄訳
『キャプテン・クックの航海』
早川書房、1982年

   ポリネシア人とは違って、はにかみ屋で遠慮深く、ほとんど臆病といっていいくらいなところがあった。


   ここもちょっとした対岸の風景。住宅地らしき建物も見える。地下鉄や船に乗って気が付いてが、地域によってはアジア系の住民が多いところがある。かつて白豪主義を標榜していたオーストラリアは移民国家、多民族社会へ大きく舵を切った。中国、ベトナムなどからの移民も目立っている。


シドニー湾クルーズ(その34)…2015年秋(現地は春)2018/04/17 13:48

アリステア・マクリーン著、越智道雄訳
『キャプテン・クックの航海』
早川書房、1982年

   この地点で白人たちは初めて、オーストラリア原住民とのあいだにやっとある程度の交渉をもつことができた。


   ダーリング・ハーバーの船着き場。建設中のビルが迫ってくる。外輪船も見える。このあたりもシドニーの観光名所の一つである。ガイドブックなどを見ると、このあたりは夜はあまり出歩かない方がいいと書いてある。ここまで人が多くて、にぎわっているのに、夜になると治安はけっこう悪くなるようだ。アメリカのように拳銃を持った人はほとんどいないのだろうが、不用意に夜外出することは避けた方がいい。