台湾鉄道の旅(その1)…2007年夏2016/06/05 07:30

白先勇・張系国他著、山口守監修
『バナナボート--台湾文学への招待』
JICC(ジック)出版局、1991年

白先勇作、野間信幸訳<永遠の輝き>
   またマージャン専用の部屋もこしらえてあり、マージャン台やライトにまで十分気を配った設計がなされていた。


   台湾の高雄にやってきた。台北は行ったことがあるが、さらに南の高雄には行ったことがなかったので。日本から直行便もあり、とても便利だ。ちょっと距離があったが、高雄駅まで歩いた。海外に来たら、できるだけ歩く時間をつくるようにしている。自分の足で地面をしっかり歩かないと、その地に来た気がしない。真夏の時期だが、日本の夏も同じようなものなので、高雄がとりたてて暑いとは感じない。この旅行では雨模様の日が多かったから、よけいそう感じられた。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック