サンジェルマン・デ・プレのカフェ…1998年夏2010/04/27 22:45

 ボーヴォワール著、青柳瑞穂訳
 『人間について』
 1955年、新潮文庫

 人は、理由なく、目的なく、存在しているのです。しかし、ジャン=ポール・サルトルも、『存在と無』の中で示したように、人間の存在は、物事の凝縮した存在ではありません。つまり人間はその存在を存在すべきなのです。瞬間ごとに、彼は自分を存在させようと努力します。そして、計画というのがこれなんです。



 フランスのパリ。ここはサンジェルマン・デ・プレという地域。ここにあるこじんまりしたホテルに滞在していた。この一帯は大学なども多く、学生や文化人が集まる街。カフェでの食事、ショッピング、美術館探訪などが楽しめる地域。
 フランス文化の拠点ともなったカフェがいくつか存在する。カフェ・ド・フロールもその一つ。あまりにも有名な話だが、サルトルとボーヴォワールの交流・文化活動の場でもあった。文学、哲学、芸術などの議論もこうしたカフェで行われ、世界中の知識人に少なからぬ影響を与えた。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
英国の首都は?
(英語アルファベットの半角小文字で書いて下さい)

コメント:

トラックバック